(土地・建物)財産区ってなんですか?


財産区とは、法人格を持つ地方公共団体(市町村および、市内の一部の地区)が所有している土地や山林、沼地、温泉などの事をいいます。

この制度は、長年行われて来た市町村合併において、昔の村や地区自治会所有の財産を、合併により一方的に吸収してしまうことは、今までの住民の権利を不当に侵害することになる。という考えから、旧地域(旧村、地区、自治会など)に財産の所有する権利を認めた事に由来しています。 

(1953年町村合併促進法、1954年地方自治体法など)


茅野市では、茅野市内のある地区が管理する土地を「○○財産区」と呼び、
代表管理者は茅野市長となっています。


とくに別荘がおおく立ち並ぶ八ヶ岳エリアでは、別荘管理会社などが一括してそのエリアを借り、そこを別荘地として開発し、道路整備をしたり、水道を入れたりして、一般別荘オーナーに利用してもらっています。


蓼科高原の別荘エリアでは、

所有者=茅野市〇〇財産区

賃借権者= 〇〇別荘管理者

転借権者=別荘利用者 という 「転借権」 での利用が多く見られます。


    (株)蓼科企画 朝比奈

(地域での生活) 移住先での仕事に関して 茅野市やその諏訪地域などどうですか?

若い世代の方で、

移住はしたいけれど、その先で仕事があるかどうかが心配・・・」

このような心配をされている方、大多数ではないかと思います。


先日に、移住されて子育てされている方にお話を聞きました。



西村の質問 「仕事の心配はなかったですか?」



移住者の男性のお話

もちろん、心配はありましたよ。 でも、それは埼玉に住んでいた時も同じ。

今は、リストラもあれば、転勤もある。会社の倒産だってあり得る時代。

諏訪盆地は、比較的 仕事が多い場所なのではないかと思います。

人口も周辺5市町村で21万人位いるわけですから、何らかの仕事はある。

ただ、やりたい仕事、就きたい仕事にこだわる場合には、田舎は向かない。

就きたい仕事が都会にしかなければ、仕事のために都会で生きる。

環境を重視する生き方を選ぶならば、どこでも生きていける。

私は、家族との暮らし、そして生きていく環境を選びました。


リアルな話ですね。 

仕事 か 家庭 か また その環境 か、 

どれを選べ! そんな生き方は あまりよくないですよね。

家族と仕事とのバランス、自分の生活したい場所、生きていきたい地域

そんな様々な関係のなかで、決めていくことが 移住 ということなのでしょう。

移住先や仕事などなど 簡単に決めれるものでもありません。

           (株)蓼科企画  西村

(地域での生活) 移住者交流サークル「楽ちの倶楽部」 のご紹介です。移住者、別荘利用者、一般参加者対象です。

私、 (株)蓼科企画 の西村が運営委員長を務めさせていただいております

移住者交流コミュニティ 「楽ちの倶楽部」 


昨年の春からスタートして、移住者や二地域居住者の新天地での

地域コミュニティとして、イベントも回を重ねるごとに 和気あいあいとした
雰囲気のサークルになってきております。

第1回イベントは、 チェーンソーの使い方講習会とバーベキュー

第2回  手作り石窯で焼く 手作りピザ作り

第3回  塗装教室  キシラデコールの使い方講習

第4回 は、H25年の3月に、 ランチ交流会が予定されています。

これまでのイベントの様子はこちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/raku-tino/theme-10053701459.html


蓼科企画では、首都圏からこのエリアに移り住む移住者の方や

セカンドハウス(中古別荘)などを利用した二地域居住者の方が

多く、 購入時の売買を担当させていただいています。

ただ、仕事を通じて思うのは、 不動産仲介業者は、ただ単に売買を

成立させるだけの役割ではないだろうということ。


新しい地域に不慣れな方に、また、新しく生活をスタートする時には

リフォームや水廻り設備、その他いろいろ

わからないことを聞ける人がいるかいないかで、その後の生活が
スムーズに進むか苦労するのかが分かれていきます。



仲介業者は不動産の決済が済めばそれでおしまい、あとは自分でやってくださいね
そんな人もいるかもしれません。

首都圏に事務所があって、仲介の情報を日本中から広く集めて対応する方針の会社も
あることでしょう。

ただ、お客様の立場からすると、不動産を買ってみたものの、その後にある諸々は
全て自分たちで手さぐり状態から探すというのは、大変なことだろうと
仕事をやっていて感じます。


自分たちがいいのか悪いのかはわかりませんが、

全てのサービスを自分たちだけで対応することはできませんが、

地域の情報ネットワークを広げておくことで、後々まで お客様に安心して
暮らしていただくことができるようにしておきたいと考えています。


長野県茅野市は、寒いところです。

この冬も、昨年度に購入いただいたお客様から
「水道管が凍ってしまったけど、どうしたらいいの? どこか業者ありますか?」という
電話をいただきました。

私は、いつもお願いしている設備業者に電話をして、そのお宅の地図をFAX。

その方も、今対応している仕事を途中で切り上げて、そのお宅に向かってくれました。


不動産というのは、ただ単にそのモノを購入するだけではありません。
そこで受けることのできるサービスも一緒に買うということです。

不動産の仲介者は、不動産知識とともに、地域情報をお客様にお届けできる必要が
あると常々思っています。

「仲介ならば、どこから買っても同じだから、後々のことを考えて
蓼科企画に仲介してもらいたい」

そんな風に言ってもらえるようになれたら最高ですね。



■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


茅野市・原村・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
中古別荘は、蓼科企画の 不動産情報サイト


蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


(移住・別荘)冬の高原別荘地 どんな状況ですか? 道路とかは?

夏の高原は、涼しくてさわやか、気持ちいい。


その反面、冬はどんな状況になるのか?


なかなか、春から秋の時に、真冬のことは想像できません。



先日に、高原別荘地にある駐車場の話を、自分のブログに

写真と内容を書き込みました。


その記事はこちら 

秋から一度も使っていなくて、冬に初めて行く別荘は、
駐車場の雪かきが大変です。

正直、車を停めるのも大変です。


別荘地の道路はというと、管理業務で除雪してもらえる別荘地が
多いのですが、どうしても雪はあります。


(以下の写真は、H25年3月1日の写真です)

今年は、2月の積雪が、観測史上一番多かったようです。

国道299号




9ed6529c.jpg



道路わきの雪はこの位あります。


3b2a2d15.jpg



脇道に入ると、雪が多くなります。


57836e19.jpg













私の感覚からすると、標高が1300Mを超えると
突然に雪が多くなるように感じます。

ちなみに、茅野市の市役所周辺で810M位、蓼科湖が約1200Mです。


冬の間も多く使いたいのかどうなのか? 

それにもよりますが、選ぶ際の参考にどうぞ。


西村の個人的な意見だと、 日本ほどはっきりした季節を感じることの
できる場所は、世界を探してみても、なかなか見つからないはずなので
別荘であるならば、雪を思う存分楽しむのもいいかな と思います。

                        (株) 蓼科企画  西村

(土地・建物)土地の備考欄に個別合併浄化槽とありますが、下水が来ていないのですか?

「下水道:個別合併浄化槽」と書かれた土地は
下水が通っていません。



人里離れ、自然環境が豊かな場所では
基本的に下水がひかれていない場所が多々あります。


遠く離れた1件の家のために、下水道をひく事は
とてもコストがかかります。


そのため、下水道のかわりに「個別合併浄化槽」という
下水をバクテリアによって分解して自然に戻す装置を
敷地内に埋め込みます。


設置する個別合併浄化槽は
その土地の建物の大きさによってかわります。


市町村ごと基準が違うので、家を新築する場合は
その土地の市町村にお訪ね下さい。

(お金・税金) 固定資産税の納税通知書がとどきました。固定資産税って何ですか?

●固定資産税とは

固定資産税とは、土地や家屋等に毎年かかってくる税金で、
1月1日に各市町村に備え付けられた「固定資産課税台帳」に
所有者として登録されている人が納税対象者となります。


●金額はいくらですか?

固定資産税の計算方法は、

土地、家屋の課税標準額×税率=税額

になります。   ※評価額ではなく、課税標準額


土地・家屋の評価額は、それぞれの市町村が決定した金額になっています。
納税者はそれを閲覧する事ができます。

固定資産税の税率は1.4%です。
都市計画区域内の場合には、プラス都市計画税
(茅野市の場合には、0.2%)


●住宅用地に対する特例

住宅用地とは、もっぱら居住のための家屋やその家屋が建つ土地のことです。
これに関しては課税標準額が軽減されます。

小規模住宅の場合、固定資産税は本年度評価額が1/6に
都市計画税は1/3に軽減されます。



また、固定資産税の評価額が、土地は30万、家屋は20万円以下ですと
課税されません。





●不動産売買時の固定資産税

不動産売買のときは、固定資産税、都市計画税などの税金は
1月1日に所有している人が一括で納税をし、
売買した日から以降の税金を購入者が売主に日割り計算して払うのが一般的。



閏年は分母が366日になるので、ご注意を。



詳しい事は、各市町村にお問い合わせ下さい。

固定資産税・都市計画税について(茅野市)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●不動産の情報はコチラ↓
別荘、田舎暮らしの不動産情報(蓼科企画不動産情報)



●蓼科、茅野、諏訪、八ヶ岳エリアの観光、生活情報↓
たてしなの時間




●ペンション、飲食店など個人事業向け売買物件専門サイト
ペンション店舗情報.com

(移住・別荘)移住したいけど知り合いがいなくて不安です。

初めての土地では知り合いもいなくて不安になるのは
誰にでもある事。

蓼科企画では「楽ちの倶楽部」という

移住、二地域居住の方と地元の皆さんが
様々な活動を通して、楽しく交流出来るサークル運営のお手伝いをしています。

年間色々なイベントを計画していますので、
興味のあるイベントだけに参加してOK。

既に移住している方も、
これから移住を検討しようとしている方でも歓迎しています。


これは2015年2月7日に行われた新年会の様子です。

楽ちの倶楽部新年会の様子

(弊社西村のブログへジャンプします。)


これから行われるイベントの内容等は
随時ブログ形式でお知らせしています。

「楽ちの倶楽部」ブログ




また、これから移住や二地域居住を検討していて
色々話を聞いてみたい方には、

「移住コンシェルジュ」の皆さんがサポートしてくれます。

「移住コンシェルジュ」とは、一足先に移住や二地域居住を始めた先輩方。

楽ちの倶楽部などのイベントに一緒に参加してくださっていますので、
色々な心配事や相談をしてみてはいかがでしょうか?

移住コンシェルジュ



(移住・別荘)移住して田舎暮らしを始めたいけど、住みたい地域も全く検討がつきません。どうしたら良いですか?

ただ漠然と田舎暮らしがしたいと言っても、
その土地で気候や風土、行政サービスも、人間関係も様々。


旅行して気に入った土地で。という考え方もありますが
全く住みたい地域が思い浮かばない方は、
首都圏にある、田舎暮らし情報を発信する施設に
行ってみてはいかがでしょう。


ふるさと回帰支援センターは
東京有楽町の交通会館5.6階にあります。
全国の田舎暮らしの情報や、パンフレット等あり、
スタッフが相談にのってくれたり、
移住のためのイベント等も行われております。


ふるさと回帰支援センターホームページ
http://www.furusatokaiki.net





ふるさと暮らし情報センター・東京

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館5・6F
TEL 03-6273-4401 FAX 03-6273-4404

大阪にもありますので、関西圏の方はそちらへどうぞ。





大阪ふるさと暮らし情報センター
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31 シティプラザ大阪1F
TEL 06-4790-3000FAX 06-4790-3111






(お金)住宅ローンの保証料とは何ですか?

通常、金融機関が融資をする際には、
貸し倒れリスクを回避するために、
担保や連帯保証人を立てる事を必須とします。

住宅ローンは借入金額が高額で、返済期間も長期になる場合が多いため、
信用保証会社に連帯保証のかわりになってもらうのが一般的です。


その保証をするための費用が保証料になります。

よって保証料の意味はローンを借りる人の
財産等を保証をするものではありません。


返済が滞った場合、
銀行に代わって保証会社がローンの残債を肩代わりします。
しかしそれは、借入先が金融機関から保証会社に移っただけで
ローンの返済がなくなった訳ではありません。


保証会社による保証を受けるには、過去の借り入れ情報、
勤務先や年数、年収などの審査が必要になります。

審査により借り入れ可能金額や保証料が決められます。

ローンを申し込んでから審査、実行に至るまで
数週間程度時間がかかります。


ローン融資の日程計画は早めに金融機関に相談をし、
余裕をもって立てましょう。

(地域での生活) 茅野,蓼科、原村などの八ヶ岳エリアでは冬でも楽しめるレジャーはありますか?

蓼科、八ヶ岳などの高原エリアは避暑地として有名ですが、
冬も自然を感じる素敵なレジャーがあります。


まずは、スキー、スノーボードなど沢山のスキー場があります。

主だった施設をあげますと、

車山高原スキー場
霧ヶ峰スキー場
白樺高原国際スキー場
ブランシュたかやまスキー場
エコーバレースキー場
しらかば2in1スキー場
ピラタス蓼科スノーリゾート
白樺湖ロイヤルヒルスキー場
富士見高原スキー場
富士見パノラマスキー場
サンメドウズ清里スキー場


など。



スケート場は

岡谷市やまびこ国際スケートセンター
茅野国際スケートセンター
八ヶ岳スケートセンター(小淵沢)


他にも現代版「カンジキ」のような専用の靴を履いて
雪原の中を歩くスノーシューや、
スノーラフティング
氷上を登るアイスクライミング

都会では味わえない自然の醍醐味が味わえます。



また、蓼科企画では冬の蓼科を楽しむために、
2015年2月にスノーシュー雪山ナイトハイクを企画しています。

興味がある方は「こちら」をご覧下さい。


そして、思いっきり遊んだら
やっぱり「温泉」


冷えた環境だからこそありがたみが倍増する
暖かい温泉は冬だからこそのレジャーの1つだと言えます。



●おすすめレジャーサイト
アウトドアレジャーサイトgoat
http://nagano-outdoor.com


さわやか信州旅ネット
http://www.nagano-tabi.net

(見学・契約) 移住や別荘生活を始める手順とは? 移住へのステップとは

漠然と 「将来、環境のいい場所に移住できたらな~」とか、「いつか長野県に別荘持ちたいな~」という想像を膨らませている方もいらっしゃるかと思います。

だけど、実際には どんなことから始めればいいのかな?

移住した人達は、どんな風にして 自分にあった場所を探したのかな?

移住をしたいけど、そこまでの決断をするのは まだできないかも。。。


そんな方に参考にしていただきたい情報をまとめました。


(蓼科企画の不動産情報  移住・田舎暮らしへのステップ)

http://tateshina-life.net/inakagurashistep/


step1.jpg



新しい地域で新しい生活を始める時には、誰しもが失敗したくないもの。

その過程のなかで、段階ごとに 自分にあった情報や行動をまとめてあります。

本やインターネットでの情報収集から、実際の現地見学ツアーや移住体験住宅の利用など。


そうして自分の生活スタイルや住みたい場所が決まったところで、物件見学となっています。

ぜひ、参考にしていただければと思います。


西村

蓼科企画の不動産情報

====================








(移住・別荘)別荘地で子育てしながら暮らせますか?

決して、移住ができない訳ではないですが・・・・。


大変なことがたくさんあります。

まずは、小学校・中学校の通学。

高原の別荘地は、学校から離れていて、子供だけでは通うことが
できない場所にあることが多いということから、

毎日の朝と学校の終わりに、親御さんのお迎えが必要になると思われます。

これが、小学校6年、中学3年となると大変かもしれません。
また、駅からも遠いでしょうから、高校の3年間も。

また、兄弟が何人かいるとなると、その子たち通学期間ずっと。

現実的には、子育て期間中の、高原別荘地での生活は難しいと思います。

できないことはありませんが、おすすめではありません。



■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


茅野市・原村・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報サイト


蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

(見学・契約) 蓼科企画のサポートサービスとは?

前回の投稿に引き続きです。

物件の検討~資料請求~見学~申込み~契約~引渡しと続く流れのなかで、蓼科企画ではどのようなサポートサービスを行っているのか?

それを説明させていただきます。

蓼科企画の不動産情報のホームページ  サポートサービスのページも参照ください。

http://tateshina-life.net/other/

サポートサービス

大きくは、3つに分かれます。

1、検討中・見学

2、申し込み・契約・引渡し

3、引渡し後の対応(動産処分、クリーニング、リフォーム、その後)


不動産を購入する場合には、その流れの中で 多くの専門家(司法書士や土地家屋調査士)や業者(動産処分やクリーニング、リフォーム業者)などが関わってきます。

よって、ただ不動産の見学をして契約ができればいいというものではありません。

不慣れな場所で、全ての業者を比較検討しながら決めていくというのは、時間と労力が必要となります。

また、業者もプロではありますが、不慣れな分野と得意分野に分かれます。

一応は業務をこなせるのでしょうが、自分の必要な分野において不慣れな業者を使って
損をするのは自分です。

そんなこともありますので、蓼科企画では、お客様の要望を聞きながら必要であれば地域の業者をご紹介していくサービスをしています。

それが、 蓼科企画の サポートサービス です。

詳しくはこちらで確認ください。 http://tateshina-life.net/other/

西村

=============================


(土地・建物)土地の所有形態で、「借地権」「転借権」とありますが何ですか?

不動産の広告表示を見ていると、土地の権利形態に、
「所有権」「借地権」「転借権」等といった表示があります.


所有権とは、まさに土地を所有する権利のことで す。


借地権とは、借りる権利をもっているという事です。
要するに、地主さんの土地を借りて、借りている土地に自己所有の建物を建てるなどして利用することです。


そしてさらに、
転借権とは、ある人の所有の土地を別の人が借りて、
さらにその土地を別の第三者が借りる権利です。


***

所有権の土地には、土地の固定資産税がかかります。

借地権や転借権には、固定資産税がかからない代わりに、借地料が発生します。




 蓼科や、八ヶ岳エリアでは、
財産区」と呼ばれる茅野市内の地区で所有する土地を
別荘管理会社が一括で広範囲を借りて、別荘開発し、区画を区切って
別荘オーナにさらに貸す形態がよく見られます。(転借権での利用)


ちなみに、
茅野市の財産区の財産管理者は茅野市長となります。


    (株)蓼科企画  朝比奈


 

(見学・契約)見学から購入申し込み、引渡しまでの日程について

物件探しから見学・購入申し込み・契約・引渡しまでの流れを追いながら、どんな日程で進むことが多いのかをお伝えしていきます。

1、物件選び=自宅などでホームページ上で写真や間取りで物件を選択

2、資料請求等を行い、場所、維持管理コスト、間取り、写真などを確認

3、実際に物件を見学  土地の形状や周辺のロケーションを確認、建物内部の状況を確認

4、購入したい物件に出会えたら、物件の購入申し込み

5、売主と買主での、希望条件のすりあわせ

6、不動産の売買契約

7、売主様 次の住まい等の確保、荷物等の搬出

8、買主様 融資利用であれば、その手続き

9、物件の引渡し=残代金の決済  

と、上記のような形が一般的な流れです。


そのなかで、契約してから物件の引渡しまでがどのくらいの時間がかかるのか?

別荘のように、そこで住んでいない場合には 売り主様が必要な荷物を搬出すれば引渡しにすすめます。 その場所に住んでいる場合には、次の住居を探して引っ越しをしてからの引渡しになりますので、2か月~3か月時間がかかることが多いです。


夏の避暑を目的とした物件選びの場合には、

1、すぐに使いだせる状態である(リフォームが必要ない)ということ

2、引渡しがすぐにできる物件 

上の条件に該当する物件であると、購入を決めてから使いだせるまでの時間が短くてすみます。


蓼科企画での、引渡しがすぐに受けられる物件特集 というものがありますので、参考にしてみてください。

物件一覧  http://tateshina-life.net/summer/




西村
===========================

(土地・建物)建ぺい率・容積率って何ですか?

建築基準法により、
建てて良い建物の延べ床面積に上限があります。

その制限の数値が、建ぺい率、及び容積率です。

土地の場所や用途地域によってその数値は違いますので、
当該土地がどのぐらいの基準なのか確認してみましょう。





建ぺい率


●建ぺい率とは

土地の面積に対し、どのぐらいの建築面積がとれるかの割合です。

1階建てでも5階建てでも数値は変わりません。



上の図で言うと

建ぺい率(%)=建築面積 a / 敷地面積 Z ×100


になります。




●容積率とは

敷地に対して延べ床面積すべての合計の面積の割合です。


上の図で言うと

容積率(%)=延べ床面積(a+b)/敷地面積 Z × 100



となります。















朝比奈







(見学・契約)移住者不動産見学ツアーがテレビで取材されました。

茅野市 楽園信州ちの主催で定期的に開催している 不動産見学ツアー。

その内容が、行政と民間で一体となって、取り組んでいるモデル事業としてテレビ番組に取り上げられました。

その内容です。



楽園信州ちの  わたくし西村も 田舎暮らしスタッフとして参加しています。

年に4回ほどのツアーがありますので、ご興味いただいた方はお気軽にご参加ください。
詳しくは、ホームページをご確認ください。
http://www.rakuc.net/

西村

=============================

(地域での生活) 田舎暮らし勉強会が開催されました。(H26/6/15)

平成26年6月15日(日)に、楽ちの倶楽部 (詳しくはこちら) にて、 田舎暮らし勉強会 が開催されました。

IMG_0437.jpg


田舎暮らし勉強会は、私も所属している楽ちの倶楽部で毎年行っており、 移住者や別荘生活などに役立つことをテーマに各自発表者6名が おのおののテーマでプレゼンするというモノ。

目的は、 参加者みんなで 田舎暮らし生活への理解や知識を深め、その生活の質を高めていこうというもの。 そして、お得な情報は共有して、生活する中でのコツなどは互いに教えあう、そんなところを目的にしています。

昨年は、運営スタッフにて6名プレゼンしたのですが、今回は特別ゲストにて
自らも千葉県と蓼科にて二地域居住生活を実践していらっしゃいます。

IMG_0430_20140624095001f97.jpg

仕事を退職されてから蓼科に別荘を持つまでの経緯やそれまでの生活とどう変化があったのか?
二地域での生活を始めてから家族の絆が深まった話などがありました。

今回、特にプレゼンいただいた内容は、 「女性にやさしい山荘ライフ」

虫の苦手な奥様や娘さんのために実施した虫対策。
中古のログハウスで、ちょっとした隙間から侵入する虫の侵入をどう防いだのかということを実際の写真ともに説明してくれました。

これには、参加者もみんな耳を傾けて聞き入っていました。

IMG_0427_20140624094959f47.jpg


今回、わたしく西村は、開始時の挨拶と写真撮影、プレゼン時間のタイムキーパーといったことを担当。

IMG_0471.jpg


それでは、プレゼン者を紹介していきます。 (全員ではないですが・・・)


宮沢工務店 伊藤さん。 
「暖かい家とは・・・ 」 家の断熱や結露の仕組みなどをプレゼン

IMG_0453.jpg


有限会社甲信代理店の大谷さん。

自らの太陽光発電の利用状況とその収支、そして保険対象になるかどうか?といったことの内容。
田舎暮らし生活で起きると思われる自然災害などに対して、どんな時にj保険対象になるのか? 興味深い内容でした。

IMG_0459.jpg


蓼科グリーンビュー開発の牛山さん。

茅野市にて利用できる補助金の話、また、ハザードマップと耐震診断の話。
近年、自然災害なども多くなってきている中、ハザードマップなども押さえなくてはなりませんし、リフォームや太陽光発電をつける際の補助金などは押さえたい所です。


IMG_0461.jpg


楽ちの倶楽部では、 今回は勉強会という堅い内容でイベント実施しましたが、次回は 高原トレッキングイベントとなります。

みんなで楽しくやっていますし、どなたでもご参加OKです。 お気軽にご参加ください。

楽ちの倶楽部   イベント内容などはブログにて確認ください。

西村でした。

(地域での生活)茅野市・蓼科エリアのバス交通の状況は?

公共交通機関の利用にあたって、都会に比べ使い勝手がよくないのは
どこの田舎も同じような現状です。


茅野市内で走っているバスは、主にアルピコ交通と
市が運営するビーナちゃんバスです。


アルピコ交通株式会社が運営しているバスは
茅野市内でしたら、
主に上諏訪、茅野駅前から蓼科方面へ行く観光客向けバスと
市内を一周する路線バスがあります。


詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。
アルピコ交通バス路線案内



ビーナちゃんバスは、茅野市が運営するバスです。
茅野市内の主な居住集落と病院を回ります。

路線図、時刻表等はこちらをご覧下さい。
福祉バス「ビーナちゃん」時刻表一覧表



朝比奈


================

(見学・契約) 茅野市の不動産見学ツアーなら、楽園信州ちの主催のものがおすすめ!

長野県へ移住したい! とか、どこかに別荘を持ちたい!
だけど、はっきりとは、どの場所がいいのかは決まってない。

いつかは、長野県で生活してみたいけど、まだ自分には早いかな・・・・


そんな風にお考えの方におすすめなのが、「楽園信州ちの の不動産見学ツアー」


茅野市・茅野商工会議所・民間団体(不動産や建築など)の3団体で構成される
楽園信州ちの

詳しくは、こちら  http://www.rakuc.net/


こちらでは、年に4回 春・夏・秋・冬 に、茅野市を体験しながらの不動産見学ツアーを
開催しています。

rakutino.jpg


楽園信州ちのは、茅野市の行政も一緒に行っているイベントですので、
「イベントに参加してみたものの、変な業者にしつこい営業活動をされるのでは・・・」
といった心配事がありません。


最初は、こういったツアーに参加されて 雰囲気を知るところから始めてみてはいかがでしょうか?

西村



蓼科・茅野市・原村エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報サイト








GO TOP