(土地・建物)土地を売買する時に聞く、一筆(ひとふで)とか二筆(ふたふで)とありますが、筆とは何ですか?また、筆界とは何ですか?

本来土地は、連続した広がりを持つ面ですが、
明治初期に人為的に区分され,一個の土地の単位を「筆」と呼び、
公法上の制度として、筆1つ1つに地番がつけられました。


地番がつけられた土地は,
登記所と呼ばれる公的機関に登録されています。


また、相互に隣接する土地の境を公的に定めた
公法上の境界を「筆界」と呼びます。


筆界は「線」ではなく、二つの「点」を直線で結んだ便宜上の線で
曲線は想定していません。




似たような意味で「境界」という言葉があります。


登記所に登記された公法上の境界線を「筆界」と呼ぶのに対し,

「境界」は土地所有者が私的自治の原則に基づき,
当事者同士で合意した境界線です。


従って「境界」は広い意味で使われ、
公的に登記された所有権の境界(筆界)と異なる場合があります。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP