(お金)住宅ローンの保証料とは何ですか?

通常、金融機関が融資をする際には、
貸し倒れリスクを回避するために、
担保や連帯保証人を立てる事を必須とします。

住宅ローンは借入金額が高額で、返済期間も長期になる場合が多いため、
信用保証会社に連帯保証のかわりになってもらうのが一般的です。


その保証をするための費用が保証料になります。

よって保証料の意味はローンを借りる人の
財産等を保証をするものではありません。


返済が滞った場合、
銀行に代わって保証会社がローンの残債を肩代わりします。
しかしそれは、借入先が金融機関から保証会社に移っただけで
ローンの返済がなくなった訳ではありません。


保証会社による保証を受けるには、過去の借り入れ情報、
勤務先や年数、年収などの審査が必要になります。

審査により借り入れ可能金額や保証料が決められます。

ローンを申し込んでから審査、実行に至るまで
数週間程度時間がかかります。


ローン融資の日程計画は早めに金融機関に相談をし、
余裕をもって立てましょう。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。