(見学・契約)見学から購入申し込み、引渡しまでの日程について

物件探しから見学・購入申し込み・契約・引渡しまでの流れを追いながら、どんな日程で進むことが多いのかをお伝えしていきます。

1、物件選び=自宅などでホームページ上で写真や間取りで物件を選択

2、資料請求等を行い、場所、維持管理コスト、間取り、写真などを確認

3、実際に物件を見学  土地の形状や周辺のロケーションを確認、建物内部の状況を確認

4、購入したい物件に出会えたら、物件の購入申し込み

5、売主と買主での、希望条件のすりあわせ

6、不動産の売買契約

7、売主様 次の住まい等の確保、荷物等の搬出

8、買主様 融資利用であれば、その手続き

9、物件の引渡し=残代金の決済  

と、上記のような形が一般的な流れです。


そのなかで、契約してから物件の引渡しまでがどのくらいの時間がかかるのか?

別荘のように、そこで住んでいない場合には 売り主様が必要な荷物を搬出すれば引渡しにすすめます。 その場所に住んでいる場合には、次の住居を探して引っ越しをしてからの引渡しになりますので、2か月~3か月時間がかかることが多いです。


夏の避暑を目的とした物件選びの場合には、

1、すぐに使いだせる状態である(リフォームが必要ない)ということ

2、引渡しがすぐにできる物件 

上の条件に該当する物件であると、購入を決めてから使いだせるまでの時間が短くてすみます。


蓼科企画での、引渡しがすぐに受けられる物件特集 というものがありますので、参考にしてみてください。

物件一覧  http://tateshina-life.net/summer/




西村
===========================
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP