(移住・別荘)冬の高原別荘地 どんな状況ですか? 道路とかは?

夏の高原は、涼しくてさわやか、気持ちいい。


その反面、冬はどんな状況になるのか?


なかなか、春から秋の時に、真冬のことは想像できません。



先日に、高原別荘地にある駐車場の話を、自分のブログに

写真と内容を書き込みました。


その記事はこちら 

秋から一度も使っていなくて、冬に初めて行く別荘は、
駐車場の雪かきが大変です。

正直、車を停めるのも大変です。


別荘地の道路はというと、管理業務で除雪してもらえる別荘地が
多いのですが、どうしても雪はあります。


(以下の写真は、H25年3月1日の写真です)

今年は、2月の積雪が、観測史上一番多かったようです。

国道299号




9ed6529c.jpg



道路わきの雪はこの位あります。


3b2a2d15.jpg



脇道に入ると、雪が多くなります。


57836e19.jpg













私の感覚からすると、標高が1300Mを超えると
突然に雪が多くなるように感じます。

ちなみに、茅野市の市役所周辺で810M位、蓼科湖が約1200Mです。


冬の間も多く使いたいのかどうなのか? 

それにもよりますが、選ぶ際の参考にどうぞ。


西村の個人的な意見だと、 日本ほどはっきりした季節を感じることの
できる場所は、世界を探してみても、なかなか見つからないはずなので
別荘であるならば、雪を思う存分楽しむのもいいかな と思います。

                        (株) 蓼科企画  西村

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。