(商売)ペンションを改修して介護施設を始めたいのですが、、

ペンションとして建てられた施設は、
部屋数も多くあり、大きなダイニングや業務用キッチンがあったりと、
介護施設として再利用するには、
間取りが比較的対応しやすいと考えられます。


しかし、要注意なのは
商業用施設を用途を変えて使用する場合、
開業する前に必ず消防署の許可が必要となります。


防火設備は、建物の広さや、営業規模、営業種類によって
基準がまちまちとなっています。

特に、介護施設等は、スプリンクラー設置等
厳しい基準が設けられています。


既存の施設の天井に水道管を通して、
スプリンクラーを設置するにはかなりの費用負担が予想されます。

不動産を購入する前に、設備改修費用も十分考慮しましょう。


また、業種を変えずオーナーが変わるだけでも
防火管理責任者の登録が必要ですので、
必ず消防署に届け出をしてください。



消防署では商売をされている建物すべてに対し
順番に定期的な点検をしています。

基準に満たずに営業をしていると、厳重注意を受けます。

重要な違反の場合は、罰金もありますので、
注意が必要です。



詳しい事は
その建物を管轄している消防署にお問い合わせ下さい。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP