(お金)登記費用ってどのぐらいかかるの? (保存登記)

登記とは?

登記とは、自分の持っている不動産などの権利を
(例えば自分の物ですよとか、抵当権をつけましたよ、など。)公に示すため、
法務局(登記所)にある登記簿に記載する事を言います。


公の記録ですので、誰でも閲覧する事ができ、
そしてその記載された権利をもって、他の人に主張する事が出来ます。

登記はその土地や建物の所在地を管轄する登記所で管理します。





家を新しく建てた時は?

まずは表題登記を行います。
分かりやすく言うと、新しく出来た建物に名前を付けるような物です。

これは、国や市町村が税金や都市計画など、建築物を把握する上で表題登記を必要としています。
表題登記は、不動産登記法で建物の完成後1カ月以内に手続きを行う事と定められ、
これを過ぎた場合10万円の過料を受けることがあります。

この場合は登録免許税はかかりません。





所有権保存登記をします。

この建物は私の物ですよ。と公示する記載です。
この場合には登録免許税がかかります。

費用は不動産の価格(固定資産税評価額)×税率0.4%となります。


朝比奈

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP