(見学・契約)媒介契約とは何ですか?

ある不動産を売りたいと思った売主さんが、
自分で広告宣伝をして買主を探すのは、とても大変な事です。

そこで、我々不動産仲介会社が売主に変わり広告を出して買主を探したり、
売買契約に関する様々な手続きを行ったりします。

その時に契約するのが「媒介契約」という契約です。
この契約は宅地建物取引業法によって定められている行為で、
専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類あり、
いずれかを依頼主(売主)が選択することができます。


弊社では基本的に一般媒介契約で売買のお手伝いをさせていただいています。



●専属専任媒介契約とは
特定の不動産業者に仲介を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することができません。
依頼を受けた業不動業者は、依頼主に対し
1週間に1回以上の頻度で売却活動の状況の報告と、
その物件を国土交通大臣の指定する流通機構に登録する義務を負います。
依頼主は、自分で購入希望者を見つけることはできません。



●専任媒介契約とは
「専属専任媒介契約」と同じく特定の不動産業者のみに仲介を依頼する契約です。
不動産業者は、依頼主に2週間に1回以上の頻度で売却活動の状況の報告と、
その物件を国土交通大臣の指定する流通機構に登録する義務を負います。
依頼主は、自分で購入希望者を見つけることができます。


●一般媒介契約とは
同じ物件を複数の不動産業者に仲介を依頼することができます。
不動産業者に報告義務はなく、依頼主も自分で購入希望者を見つけることができます。






スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP