(見学・契約)手付金を支払った後で、解約する事はできますか?

手付金とは、売買契約をする際に、買主から売主に渡す金銭のことです。

手付金には3種類の性格があります。

証約手付
契約が締結されたということを示し、その証拠という趣旨で交付される手付


違約手付
手付金を交付した者(買い主)が債務を履行しない場合、違約罰として没収されるという趣旨で交付される手付


解約手付
一度、成立した契約を解除したいと考えた場合、買い主側からすると、すでに支払った手付金を放棄する(没収される)ことで、一定期間内であればどのような解除理由であれ、一方的に解約できるという趣旨で交付される手付


一般的に不動産購入の際には、手付金は「解約手付」の意味を持つ事が多く、
「解約手付」とは、手付金を放棄する事によって一定期間内であれば、契約を解除できます。

一定期間とは、契約日から残金決済日までの期間に応じて異なり、
その期間の半分程度が一般的と言われています。

実際の期日は個々の契約において、買主と売主とが協議のうえ決定します。
(この期間を手付け解除期日といいます)

一定期間経過後は、契約を解除するには違約金を支払う必要があり、
違約金は物件価格の10%~20%相当額が一般的です。



いずれにしても手付金を支払う前に、契約についてよく確認しましょう。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP