(お金)法人で保養所などを所有すると、どんな税金がかかりますか?

法人名義で、本店所在地とは別の場所に、寮、保養所などを所有している場合、その保養所が所在する、県・市などに法人県民税・法人市民税を納税する義務が生じます。

その税額は事業所の資本金の規模や、従業員の数などによって金額が変わってきます。



法人県民税の場合(長野県)


●納める人
1. 県内に事務所(事業所)がある法人・・・均等割と法人税割り
2. 県内に事務所(事業所)はないが、寮、宿泊所がある法人・・均等割
3. 県内に事務所(事業所)や寮などがあり、収益事業を行う人格のない社団や財団・・・均等割と法人税割

●納める額(年額)

区分 均等割

① 次にあげる法人・・・21,000円
   ・公共法人および公益法人等(均等割を課すことができない法人を除く。)
   ・人格のない社団等
   ・一般社団法人及び一般財団法人
   ・資本金の額又は出資金の額がない法人(保険業法に規定する相互会社を除く。)
   ・資本金等の額が1千万円以下の法人(資本金等の額を有する法人)

② 資本金等の額が1千万円を超え1億円以下の法人・・・52,500円

③ 資本金等の額が1億円を超え10億円以下の法人・・・136,500円

④ 資本金等の額が10億円を超え50億円以下の法人・・・567,000円

⑤ 資本金等の額が50億円を超える法人・・・840,000円


区分 法人税割

① 資本金の額又は出資金額が1億円以下で、かつ、法人税額が1千万円以下の法人(清算法人を除く)・・・法人税額の5%
② 上記以外の法人・・・・法人税額の
5.8%



***

法人市民税、法人村民税等の内容はそれぞれの県市町村に確認ください。


ちなみに、茅野市の場合は 5万円~300万円となっております。


詳細は、茅野市ホームページで確認ください。

http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000000641000/index.html



朝比奈
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。