(お金・税金) 登記費用はどのぐらいかかるのか? 〜所有権移転の場合〜

不動産を登記する時に、忘れてはならないのが税金の話。

不動産を売買、贈与に伴う所有権移転登記をする時は、
登録免許税+司法書士への報酬がかかります。


このうちの登録免許税は、国に払う税金で必ず支払わなければなりません。
マイホームを新築して保存登記をする時も、
不動産を親から相続して移転登記をする時も登録免許税が必要となります。

登録免許税を調べるには、取得した不動産の固定資産税評価額
(固定資産課税台帳に登録された価額)を調べる必要があります。
これは市役所など納税先に問い合わせば分かります。

従って、登録免許税は
 固定資産税評価額×税率=税額  となります。


土地および住宅は、一定の条件により税率の軽減措置などがあります。
(居住用の不動産の場合などには、住宅家屋証明書などの添付などにより
 登録免許税の減税がございます)


税率は以下の通り、あくまで原則の税率です。


所有権の保存登記・・・税率0.4%

所有権の移転登記(相続、合併)・・・税率0.4%

所有権の移転登記(遺贈、贈与)・・・税率2%

所有権の移転登記(売買等)・・・税率2%

地上権、賃借権の設定、または転貸の登記・・・税率1%

抵当権の設定登記・・・債権金額の0.4%

所有権移転等の仮登記・・・税率1%


朝比奈





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。