(地域での生活) 移住者交流サークル「楽ちの倶楽部」 のご紹介です。移住者、別荘利用者、一般参加者対象です。

私、 (株)蓼科企画 の西村が運営委員長を務めさせていただいております

移住者交流コミュニティ 「楽ちの倶楽部」 


昨年の春からスタートして、移住者や二地域居住者の新天地での

地域コミュニティとして、イベントも回を重ねるごとに 和気あいあいとした
雰囲気のサークルになってきております。

第1回イベントは、 チェーンソーの使い方講習会とバーベキュー

第2回  手作り石窯で焼く 手作りピザ作り

第3回  塗装教室  キシラデコールの使い方講習

第4回 は、H25年の3月に、 ランチ交流会が予定されています。

これまでのイベントの様子はこちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/raku-tino/theme-10053701459.html


蓼科企画では、首都圏からこのエリアに移り住む移住者の方や

セカンドハウス(中古別荘)などを利用した二地域居住者の方が

多く、 購入時の売買を担当させていただいています。

ただ、仕事を通じて思うのは、 不動産仲介業者は、ただ単に売買を

成立させるだけの役割ではないだろうということ。


新しい地域に不慣れな方に、また、新しく生活をスタートする時には

リフォームや水廻り設備、その他いろいろ

わからないことを聞ける人がいるかいないかで、その後の生活が
スムーズに進むか苦労するのかが分かれていきます。



仲介業者は不動産の決済が済めばそれでおしまい、あとは自分でやってくださいね
そんな人もいるかもしれません。

首都圏に事務所があって、仲介の情報を日本中から広く集めて対応する方針の会社も
あることでしょう。

ただ、お客様の立場からすると、不動産を買ってみたものの、その後にある諸々は
全て自分たちで手さぐり状態から探すというのは、大変なことだろうと
仕事をやっていて感じます。


自分たちがいいのか悪いのかはわかりませんが、

全てのサービスを自分たちだけで対応することはできませんが、

地域の情報ネットワークを広げておくことで、後々まで お客様に安心して
暮らしていただくことができるようにしておきたいと考えています。


長野県茅野市は、寒いところです。

この冬も、昨年度に購入いただいたお客様から
「水道管が凍ってしまったけど、どうしたらいいの? どこか業者ありますか?」という
電話をいただきました。

私は、いつもお願いしている設備業者に電話をして、そのお宅の地図をFAX。

その方も、今対応している仕事を途中で切り上げて、そのお宅に向かってくれました。


不動産というのは、ただ単にそのモノを購入するだけではありません。
そこで受けることのできるサービスも一緒に買うということです。

不動産の仲介者は、不動産知識とともに、地域情報をお客様にお届けできる必要が
あると常々思っています。

「仲介ならば、どこから買っても同じだから、後々のことを考えて
蓼科企画に仲介してもらいたい」

そんな風に言ってもらえるようになれたら最高ですね。



■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


茅野市・原村・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
中古別荘は、蓼科企画の 不動産情報サイト


蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。