FC2ブログ

地区ごとにある 「入区費」と「区費」って、どんなもの? 

この辺りの地域では地域ごとに存在する 自治会費に入会する事を
「入区」と表現します。

それは自治会が「地区」単位で運営されているからです。


茅野市の各区においても、 
入区する際の 「入区費」、毎年の費用が「区費」が存在します。

この入区費と区費、各団体ごとに設定があり、運営などは
その区ごとに対応がかなり異なります。


おおまかな概要でいいますと、
入区費  0円~30万(ばらつきがあります)、
区費   一戸建て所有、貸家、アパート住まいなどで違いあり。

地域に住みながらかかる費用を住民で分かち合う、といったところですが
場所ごとに金額が違うということもありますので、気になる方は
購入前に確認した上で、住居エリアを決めるのがよいかと思います。


こうして見るとずいぶん高額のように思われるかもしれませんが、
公民館を建てたり区内の施設整備など区民の財産より支出された経緯があります。
その施設を利用する権利としてまた、今後その施設などの修繕費用として
徴収されています。

また、賃貸や別荘利用で居住している区民は、「準区民」として扱い
入区金や月々の区費が安くなったりもしますので
ご確認ください。

また、地区の役員や仕事等も当番制で回ってきたりします。

区長は聞いただけでも大変そうですが、その他にも
環境委員や、公民館活動、消防当番など様々な仕事が回って来ます。

その順番は入区順であったり、年齢だったり地区の当番制であったり、

仕事としては大変な面はありますが、そのおかげで地域のつながりが強くなり
近所同士が仲良くなれるメリットもあります。

同じ地区役員をやった仲間同士、
同胞の友のように仲良くなるおじさん達(笑)の話をしばし耳にします。

災害時や、自分にもしもの時などは、近所に近しい友人を持つのも心強いかと思います。


b9c6437c0e8f6f87fcca08a597f52740_s.jpg






■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

茅野市・原村・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報サイト

蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■