FC2ブログ

借地権の土地、メリットはありますか? 

蓼科エリアの不動産情報のなかに、
土地の権利形態欄によく「借地権」や「借地権(転借)」などという表記があります。

借地権とは、所有権と違って、借りて使う権利のことを言います。


一般的な話ですが、所有権と借地権の土地では、
借地権の土地のほうが、所有権のものに比べて、販売価格が安い場合が多いです。

考え方としても土地そのものを購入するのではなく、
土地を借り受ける権利を購入するからです。


しかし、借地料と土地の固定資産税を比べてると借地料が高くなっています。


簡単に概要を説明した時には、
所有権の方がいいと思う方もいらっしゃるはず。


しかし、借地権の土地にも大きなメリットがあります。

例えば、中古の別荘を買う場合。

建築されてから20年以上経過した中古物件などは、
あと15年から20年ほどで、建物の寿命が来るかもしれません。

そうなったときには、通常 建物の取り壊しをします。

また再建築をし、同じ土地に住み続けるなら、所有権の土地がいいでしょう。


でも、今ある建物を使いきって、もう新しい家を建てない。

そんな予定の方には、借地権がお勧めです。


なぜなら、借地権の土地ならば、建物を取り壊して、借地権の返還ができるからです。
(借地の期限等の問題がありますので、ご注意ください)


所有権の土地で、建物がなくなってしまって土地だけになってしまった。
そうなったら使い道がなくなってしまいます。

うまく次の方に譲渡できればいいですが、
別荘地の場合、次の購入者を見つけるのは、一般土地より困難です。

ずっと持ち続け、管理しなくてはなりません。



土地は所有権。と決めつけず、
借地権のメリットも検討してみてはいかがでしょうか?





d6f798bd06fcb8f050b80e65ea96e8e8_t.jpeg



■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


株式会社 蓼科企画
TEL.0266-82-7741



▶茅野、蓼科、原村、諏訪、八ヶ岳、北杜市エリアの土地、建物、中古別荘
蓼科企画の 不動産情報


▶個人向け営業物件専門サイト
ペンション店舗売買情報.com


▶法人向け事業性物件売買専門サイト
工場倉庫売買情報.com


▶蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■