(移住・別荘)周りに家がない大自然の中に住みたいのですが。

都会の喧噪が嫌で、田舎暮らしに憧れる方は
1度はそう思われるとかも知れません.


思いっきり大きな音を出しても怒られないし、
煩わしいご近所トラブルも無縁。

大自然の中、のびのび自由に暮らせたら
本当に素敵ですよね。



山間部でしたら希望のように民家が全くない場所もあります。


さて、ご近所が全くない土地
メリットがあれば、必ずデメリットもあります。


僻地にすむデメリット


1、水道、電気、ガスといったインフラ整備がない。

集落のない場所は上下水が通っていない場所がおおいです。
また、上水道はあっても下水道がない場所も数おおくあります。

水道は井戸、合併浄化槽を設置する必要があります。


また、井戸などはポンプで水を持ち上げるので、
停電の事を考えると、何かしら
自家発電の設備を整えた方が確実でしょう。





2、ガソリン、灯油代がかかる

山間部は自ずと標高が高いので、
冬は大変冷え込み暖房費がかさみます.

また、市街地に出かけるためのガソリン代も費用がかかります。





3、雪かきが大変

幹線道路から遠く、周りに集落がないとなると
全て雪かきを自分で行う必要があります。

公道まで何メートルも雪かきをするのは大変な作業です。





4、精神的不安

全く誰もいない真っ暗な夜の山中で、たった1人で過ごす不安や、
もしもの時にすぐに助けを呼ぶ事ができないのは、
自分が元気なときは全く気にならなかった些細な事が、
ちょっとのきっかけで心配になると、
どんどん心配が増えて行くものです。






5.生活に変化ができにくい。

近くにご近所があって地域の交流があったり、
すぐそばでイベントやったり、運動会があったり、
トラブルもあるかもですが、同じように楽しい刺激もあります。



6.獣や虫の被害の可能性が高い

自然と共に生活するなら、自然の生き物ともお付き合いしないといけません。
人里離れた場所であれば、鹿、イノシシ、熊、猿などと遭遇する機会も増えますし、
農作物はまず被害にあうでしょう。
また、森の中など自然に囲まれた場所は、必然的に虫も多いものです。



たまに訪れて良い場所と生活して良い場所はちがいます。

一時の感情に流されずにゆっくり考えてみましょう。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP