FC2ブログ

一括決済と手付け決済の違いは何ですか?

不動産の売買契約方法は、主に「一括決済」と「手付け決済」の2種類があります。

一括決済とは
不動産売買の契約、金銭の授受、物件の引き渡し、所有権移転登記
これらの作業を同日に行う契約のことを言います。



手付け決済とは、
手付金と共に売買契約をした後、
改めて別の日に残りの残金を支払い移転登記,物件の引き渡しを行う契約です。


不動産売買では手付け決済にて行われる事が多いです。

理由は、売主が物件を使用中のため、
買主に引き渡す前に、転居準備や家財処分の準備期間が必要だからです。


また、買主側もローンを利用する場合等は
ローンの事前審査→売買契約(手付け契約)→ローン実行→残代金支払い(引き渡し)
というスケジュールになります。


よって、手付け契約(手付け決済)と呼ばれる契約は
仮契約と違い、その契約をした時点で正式な売買契約と見なされます。

手付金を放棄する事によって売買契約を解除する事は可能ですが
相手方が具体的な契約に対する行動を行った後ですと、
(例えば、ローン利用・引っ越し・家財道具の処分)手付け解除はできません。



契約方法は双方の事情があっての事ですので、
売却、購入の際はその後のスケジュールも踏まえて
よく確認する事をお勧めします。





34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_t.jpg





■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


株式会社 蓼科企画
TEL.0266-82-7741



▶茅野、蓼科、原村、諏訪、八ヶ岳、北杜市エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報


▶個人向け営業物件専門サイト
ペンション店舗売買情報.com


▶法人向け事業性物件売買専門サイト
工場倉庫売買情報.com


▶蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■