FC2ブログ

自分の持っている土地を息子に安く売却したら節税になりますか?

例えば時価1000万円の土地を50万円で息子さんに売却した場合
売買契約を交わしたのですから贈与にならないと思うでしょう。

しかし、息子さんは土地を時価よりもずっと安い値段で購入しています。
1000万円の土地を50万円で購入しているのですから
950万円得をしたことになります。


このような場合は「みなし贈与」とされ、
950万円に関して贈与税がかかる計算になります。


では、土地の値段はどのように設定すればいいかといいますと、
国税庁が発表する路線価、固定資産評価額、流通価格等を参考に
自身の責任において決めていく必要があります。




親族に土地を贈与したい場合は、勝手に売買契約や贈与を進めるのではなく、
まずは税理士、不動産会社などの専門家に相談することをお勧めいたします。

ed86493ba675368462ce290189c52307_t.jpg





■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


株式会社 蓼科企画
TEL.0266-82-7741



▶茅野、蓼科、原村、諏訪、八ヶ岳、北杜市エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報


▶個人向け営業物件専門サイト
ペンション店舗売買情報.com


▶法人向け事業性物件売買専門サイト
工場倉庫売買情報.com


▶蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■