FC2ブログ

移住先が気に入り、終の住処にしようと思っています。そのためお墓も引っ越したいのですが、、


7a920c5db98a63f761461c9f4ae6a21d_s.jpg


まだ先の事、、縁起が悪いと嫌厭されそうなお墓の話題。
しかし、いずれは誰もが直面する話題ですので、
とくに移住を希望される方、移住をしてお墓が遠くなってしまった方が
一度考える必要があるかもしれません。



新たにお墓を建てたい場合


移住先の近くに自分のお墓を建てる事を希望する方は、生前に建てるとお得になります。
なぜなら、お墓は『祭祀財産』といって相続税がかからないので、
お墓を建てる費用を子息に残すより生前に建てた方が特になる計算になります。

また、お墓は自分だけの物ではなく、代々受け継がれるものなので、
残された家族とも話しあえるのもメリットでしょう。



茅野市では公共で管理している「永明寺山公園墓地」があります。
宗派問わず市で管理してくれるので、同じ宗派のお寺が無い場合や、
公共的に管理してほしい方には良い選択の1つと言えます。

茅野市永明寺公園墓地に関する情報はこちら




離れた場所にあるお墓を移転したいとき


お墓の引っ越しは「改葬」といいます。
墓石ごと引っ越すケースと、遺骨のみを移動するケースがあります。
一連の手続きを石材店で代行してくれる場合もあります。

お墓の引っ越しの手順は以下の通り。



1.引っ越し先、お墓の仕様を決める。



2.改葬許可申請書を取り寄せる
既存のお墓がある市町村役場から「改葬許可証明書」を発行してもらいます。



3.既存の墓地管理者との手続き
既存の墓地管理者から「埋葬証明書」または、納骨堂の場合は「収蔵証明書」を発行してもらい
「改葬許可申請書」に署名捺印をしてもらいます。

また、分骨の場合は「分骨証明書」をもらうだけで役所への届け出は必要ありません。



4.既存墓地のある役所に届け出
改葬許可申請書、埋葬証明書(または収蔵証明書)を役所に提出し
改葬許可証明書を発行してもらう。


5.遺骨を取り出す
宗教儀式が希望であれば「閉眼式」「魂抜き」と呼ばれる儀式もあります。



6.新しいお墓に納骨
引っ越し先の役所に「改葬許可証」「墓地仕様許可証」を提出。
宗教儀式では「開眼式」などを行う。



昨今、人生100年時代が来るとも言われています。
しかし人生の終焉は必ず誰問わず訪れるもの。
元気なうちこそ、考えておく必要があるかもしれません。










■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


株式会社 蓼科企画
TEL.0266-82-7741



▶茅野、蓼科、原村、諏訪、八ヶ岳、北杜市エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報


▶個人向け営業物件専門サイト
ペンション店舗売買情報.com


▶法人向け事業性物件売買専門サイト
工場倉庫売買情報.com


▶蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■




スポンサーサイト