(地域での生活)蓼科や茅野は寒いと聞きます。車は寒冷地仕様車でないとだめですか?

寒冷地仕様車とは、寒冷地の仕様を考慮して,寒さによるトラブルを防ぐために
各自動車メーカーがオプションとして装備している車です。


日本車ではトヨタ、日産、などのメーカーが設定しています。

逆に、ホンダやマツダ、スバルなどのメーカーは、寒冷地仕様の設定がなく、
販売地域に関係なく、寒冷地のための装備が標準で付いていると説明しています。


寒冷地仕様の主な車の装備は,
バッテリーの大容量化
コンピューターの設定
クーラント(ラジエーター)の寒冷地仕様

です。


メーカーによっては、ヒーターが強化されていたり,
ワイパーが強かったり
車の下回りの錆び止め塗装が厚かったりなどがあります。



いずれにせよ寒冷地仕様車でないと、
この地域では使えない訳ではありませんが,
寒さによる車のなんらかのトラブルの可能性は否定出来ません。



むしろ,低温で被害が如実に現れるのは、燃料の方です。

特に、軽油には種類があり,暖かい地域と、寒い地域では種類が違います。

都会から冬に寒い地域にお出かけする場合は,
現地で燃料を補給する事をお勧めします。




詳しくは車のメーカーさんにお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト

(地域での生活)冬期中建物を使わないなら、水抜きをした方がいいと言われました。水抜きとは何ですか?どのようにしたらいいですか?

この、蓼科・原村など八ヶ岳周辺エリアは、
標高が高く内陸性気候なので、冬場とても冷え込みます。

そのとき、問題になるのは水道関係。
冬の寒さが原因で水道管が凍結し、破裂する危険があります。


居住している場合でも、冬場は凍結防止ヒーターを入れ凍結を防ぎます。

長期に家をあける場合には、水抜きをする必要があります。

基本的には、建物内の水道配管の水を抜きます。

蛇口まわり、給湯器、トイレのタンクなど水が溜まっている場所も
完全に抜けるようにしましょう。

トイレの排水口は不凍液を入れて凍結を防ぎます。


水抜きの方法は慣れてしまえば自分でも行いますが,
最初慣れない場合は近くの水道設備業者に依頼することをお勧めします。

きちんと水を抜ききれないと、水道管から多量の水が漏れたり、
給湯器が破損したり,大きな損害の可能性があるからです。


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。