(お金)事業用不動産(ペンションや店)を人に貸す際の消費税はどうなりますか?

一般的に住宅等の居住用の家屋を人に貸す場合は消費税はかかりません。

(居住用のアパートや貸家のことを指し、個人が住居として住むことが目的とされるもの)


しかし、以下の場合の家賃には消費税の課税対象となります。


1.貸し付け期間が1ヶ月未満の場合。
2.旅館業法第2条第1項に規定する旅館業に係る施設の貸付けに該当する場合

(注) 例えば、旅館、ホテル、貸別荘、リゾートマンション、ウイークリーマンション等は、
   その利用期間が1月以上となる場合であっても、非課税とはなりません。


例え、個人で所有している物件であっても、その建物がペンションなど事業性を伴う建物場合は
消費税課税対象となります。

よって、個人で持っていた家を 事業用に使う場合(古民家カフェなど)には、家賃に消費税が
かかるようになるということです。


詳しくはこちら(国税庁ホームページ)をご覧下さい。








===
スポンサーサイト
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。