(お金・税金) 登記費用はどのぐらいかかるのか? 〜所有権移転の場合〜

不動産を登記する時に、忘れてはならないのが税金の話。

不動産を売買、贈与に伴う所有権移転登記をする時は、
登録免許税+司法書士への報酬がかかります。


このうちの登録免許税は、国に払う税金で必ず支払わなければなりません。
マイホームを新築して保存登記をする時も、
不動産を親から相続して移転登記をする時も登録免許税が必要となります。

登録免許税を調べるには、取得した不動産の固定資産税評価額
(固定資産課税台帳に登録された価額)を調べる必要があります。
これは市役所など納税先に問い合わせば分かります。

従って、登録免許税は
 固定資産税評価額×税率=税額  となります。


土地および住宅は、一定の条件により税率の軽減措置などがあります。
(居住用の不動産の場合などには、住宅家屋証明書などの添付などにより
 登録免許税の減税がございます)


税率は以下の通り、あくまで原則の税率です。


所有権の保存登記・・・税率0.4%

所有権の移転登記(相続、合併)・・・税率0.4%

所有権の移転登記(遺贈、贈与)・・・税率2%

所有権の移転登記(売買等)・・・税率2%

地上権、賃借権の設定、または転貸の登記・・・税率1%

抵当権の設定登記・・・債権金額の0.4%

所有権移転等の仮登記・・・税率1%


朝比奈





スポンサーサイト

(土地・建物) 建物の解体を検討しています。どうすればいいのでしょうか?

・使わなくなった建物が古くなったので、建て替えるために古い建物を解体したい

・使わなくて数年放置した古家があり、今後も使う予定がないので、解体したい

・借地権の土地に別荘が建っているのだが、建物を取り壊して借地返還したい


そのような要望やご相談をいただくことがございます。

蓼科企画では、茅野市、原村、諏訪周辺、蓼科方面等
地元の解体業者を紹介しています。


古家を解体した後に土地として販売するのか、それとも
現状はそのままの状態で、古家付き土地販売の形を取るのか

どちらの方法がその方の要望に近いのかをお聞きした上で
対応させていただいております。



詳しくはコチラ↓のページをご覧下さい。

http://tateshina-life.net/kaitai/












======================


GO TOP