(お金・税金) 固定資産税の納税通知書がとどきました。固定資産税って何ですか?

●固定資産税とは

固定資産税とは、土地や家屋等に毎年かかってくる税金で、
1月1日に各市町村に備え付けられた「固定資産課税台帳」に
所有者として登録されている人が納税対象者となります。


●金額はいくらですか?

固定資産税の計算方法は、

土地、家屋の課税標準額×税率=税額

になります。   ※評価額ではなく、課税標準額


土地・家屋の評価額は、それぞれの市町村が決定した金額になっています。
納税者はそれを閲覧する事ができます。

固定資産税の税率は1.4%です。
都市計画区域内の場合には、プラス都市計画税
(茅野市の場合には、0.2%)


●住宅用地に対する特例

住宅用地とは、もっぱら居住のための家屋やその家屋が建つ土地のことです。
これに関しては課税標準額が軽減されます。

小規模住宅の場合、固定資産税は本年度評価額が1/6に
都市計画税は1/3に軽減されます。



また、固定資産税の評価額が、土地は30万、家屋は20万円以下ですと
課税されません。





●不動産売買時の固定資産税

不動産売買のときは、固定資産税、都市計画税などの税金は
1月1日に所有している人が一括で納税をし、
売買した日から以降の税金を購入者が売主に日割り計算して払うのが一般的。



閏年は分母が366日になるので、ご注意を。



詳しい事は、各市町村にお問い合わせ下さい。

固定資産税・都市計画税について(茅野市)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●不動産の情報はコチラ↓
別荘、田舎暮らしの不動産情報(蓼科企画不動産情報)



●蓼科、茅野、諏訪、八ヶ岳エリアの観光、生活情報↓
たてしなの時間




●ペンション、飲食店など個人事業向け売買物件専門サイト
ペンション店舗情報.com
スポンサーサイト
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。