(見学・契約) 蓼科企画のサポートサービスとは?

前回の投稿に引き続きです。

物件の検討~資料請求~見学~申込み~契約~引渡しと続く流れのなかで、蓼科企画ではどのようなサポートサービスを行っているのか?

それを説明させていただきます。

蓼科企画の不動産情報のホームページ  サポートサービスのページも参照ください。

http://tateshina-life.net/other/

サポートサービス

大きくは、3つに分かれます。

1、検討中・見学

2、申し込み・契約・引渡し

3、引渡し後の対応(動産処分、クリーニング、リフォーム、その後)


不動産を購入する場合には、その流れの中で 多くの専門家(司法書士や土地家屋調査士)や業者(動産処分やクリーニング、リフォーム業者)などが関わってきます。

よって、ただ不動産の見学をして契約ができればいいというものではありません。

不慣れな場所で、全ての業者を比較検討しながら決めていくというのは、時間と労力が必要となります。

また、業者もプロではありますが、不慣れな分野と得意分野に分かれます。

一応は業務をこなせるのでしょうが、自分の必要な分野において不慣れな業者を使って
損をするのは自分です。

そんなこともありますので、蓼科企画では、お客様の要望を聞きながら必要であれば地域の業者をご紹介していくサービスをしています。

それが、 蓼科企画の サポートサービス です。

詳しくはこちらで確認ください。 http://tateshina-life.net/other/

西村

=============================


スポンサーサイト

(土地・建物)土地の所有形態で、「借地権」「転借権」とありますが何ですか?

不動産の広告表示を見ていると、土地の権利形態に、
「所有権」「借地権」「転借権」等といった表示があります.


所有権とは、まさに土地を所有する権利のことで す。


借地権とは、借りる権利をもっているという事です。
要するに、地主さんの土地を借りて、借りている土地に自己所有の建物を建てるなどして利用することです。


そしてさらに、
転借権とは、ある人の所有の土地を別の人が借りて、
さらにその土地を別の第三者が借りる権利です。


***

所有権の土地には、土地の固定資産税がかかります。

借地権や転借権には、固定資産税がかからない代わりに、借地料が発生します。




 蓼科や、八ヶ岳エリアでは、
財産区」と呼ばれる茅野市内の地区で所有する土地を
別荘管理会社が一括で広範囲を借りて、別荘開発し、区画を区切って
別荘オーナにさらに貸す形態がよく見られます。(転借権での利用)


ちなみに、
茅野市の財産区の財産管理者は茅野市長となります。


    (株)蓼科企画  朝比奈


 
GO TOP