(移住・別荘)周りに家がない大自然の中に住みたいのですが。

都会の喧噪が嫌で、田舎暮らしに憧れる方は
1度はそう思われるとかも知れません.


思いっきり大きな音を出しても怒られないし、
煩わしいご近所トラブルも無縁。

大自然の中、のびのび自由に暮らせたら
本当に素敵ですよね。



山間部でしたら希望のように民家が全くない場所もあります。


さて、ご近所が全くない土地
メリットがあれば、必ずデメリットもあります。


僻地にすむデメリット


1、水道、電気、ガスといったインフラ整備がない。

集落のない場所は上下水が通っていない場所がおおいです。
また、上水道はあっても下水道がない場所も数おおくあります。

水道は井戸、合併浄化槽を設置する必要があります。


また、井戸などはポンプで水を持ち上げるので、
停電の事を考えると、何かしら
自家発電の設備を整えた方が確実でしょう。





2、ガソリン、灯油代がかかる

山間部は自ずと標高が高いので、
冬は大変冷え込み暖房費がかさみます.

また、市街地に出かけるためのガソリン代も費用がかかります。





3、雪かきが大変

幹線道路から遠く、周りに集落がないとなると
全て雪かきを自分で行う必要があります。

公道まで何メートルも雪かきをするのは大変な作業です。





4、精神的不安

全く誰もいない真っ暗な夜の山中で、たった1人で過ごす不安や、
もしもの時にすぐに助けを呼ぶ事ができないのは、
自分が元気なときは全く気にならなかった些細な事が、
ちょっとのきっかけで心配になると、
どんどん心配が増えて行くものです。






5.生活に変化ができにくい。

近くにご近所があって地域の交流があったり、
すぐそばでイベントやったり、運動会があったり、
トラブルもあるかもですが、同じように楽しい刺激もあります。



6.獣や虫の被害の可能性が高い

自然と共に生活するなら、自然の生き物ともお付き合いしないといけません。
人里離れた場所であれば、鹿、イノシシ、熊、猿などと遭遇する機会も増えますし、
農作物はまず被害にあうでしょう。
また、森の中など自然に囲まれた場所は、必然的に虫も多いものです。



たまに訪れて良い場所と生活して良い場所はちがいます。

一時の感情に流されずにゆっくり考えてみましょう。


スポンサーサイト

(地域での生活) 田舎暮らしで家庭菜園をしたいのですが?

田舎暮らし生活をしながら、家庭菜園を楽しむ

まさに定番のやりたいことのひとつ。


朝、庭先でとれた きゅうりとトマトをもいで、食卓に出す。
新鮮な野菜のみずみずしさを口いっぱいに味わってみたい!
そんなことを思い浮かべている方も多いのでは?



さて、どの辺りが向いているか? という話になりますと

一番 重要なのは標高です。

標高で1200Mを超えてくると、
品種によっては育たない、育てにくいものや
収穫時期が限られてしまうようになります。

トマト等はハウスなど温度を上げる対策をしても
青くならない場合もあります。



次に大事なのは周りの環境です。


木が高く生い茂る森の中は、日照条件が悪くなり
野菜は育ちにくいです。


また、山に近い場所は鹿の被害にあいやすいです。


近年の鹿の大量増加により、里山エリアにも 鹿が多くでるように
なっています。

鹿の被害が多い場所では、畑に防護ネットを張る必要があります。



予想以上に多い被害ですから、お気を付けください。




そして、希望の土地が別荘地の場合



各々の別荘地ごとに規約があって、それで規定されているのですが
野菜作りを禁止している別荘地もあります。

作業小屋等プレハブを建てると景観上よくない、などの理由のようです。



検討の際はよくご確認ください。




一番確実な方法は、現地を実際にみて
近くに畑があるかどうかです。



(移住・別荘)移住生活に踏み切る勇気が出ない、そんな時のアドバイスありますか?

仕事の都合で住居が変わる引っ越しとは違い,

移住の場合には、生活の拠点のみならず、
仕事や、人間関係を1から始めなくてはならず、ハードルが高くなります。

移住生活を始めたいが、リスクを思うと勇気が出ない。。。。





そんな方におすすめなのは、

いったんは、中古建物や中古別荘で セカンドハウスとして
二地域での居住を始めてみるということ。

現在の生活を残しながら、茅野市周辺での生活もスタートする。

そして、徐々に こちらでの生活の比重を高めていくのがよいのでは
ないでしょうか。

もし、セカンドハウスで利用していて、万が一 

「自分には移住は向いていない」
「仕事や家庭の事情で、移住まではできなくなった」 

などということになれば
売却して元の生活に戻す事ができます。




また、移住者のための転職サイト
移住と転職.com」にて仕事を探し、移住前にまず仕事を確保してから
移住を決断するのも1つの手段です。


移住する、大きなリスクの1つ「転職」を解決でします。

まずは自分にあった仕事を見つけ,
適当な不動産が見つかるまで、賃貸で生活する事も可能です。





(株)蓼科企画の中古建物情報はこちらでご紹介しています。
http://tateshina-life.net/tate/


移住者のためのお仕事情報はこちらで紹介しています。
http://iju-tensyoku.com



(お金)移住の際に移住先で、住宅ローンは組めるのでしょうか?

移住するとき、移住先の住居を 購入物件 にするのか? 賃貸物件 にするのか?

選択肢が分かれますよね。


もし、銀行のローンを借りて、土地や建物を購入しようとお考えの場合

事前によーく、購入先の金融機関の融資担当者に相談してください。


移住して、すぐ  もしくは、 移住と同時に融資を受けるのは
かなりハードルが高くなります。


移住するということは、仕事が変わること(転職)ということが多いので
勤務年数がゼロになってしまうのです。

(サラリーマンの方の転勤の場合は、大丈夫と思います。)

また、自営業者で、特殊技術を持っているとか翻訳家さんとか
インターネット環境があればどこでも仕事のできる方なんかは
場所に縛られないので、大丈夫かもしれません。


金融機関の融資商品によって、その勤務年数の基本基準はまちまちの
ようですが、1年~ という場合が多いようです。


現実的には、 移住後の2年ほどは賃貸で、貸家やアパートなどに住んでから
移住先での生活基盤を作ってから銀行ローンの申し込みをされる方が
多いです。



■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

茅野市・原村・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報サイト


蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間


■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

(地域での生活) 車が運転できないのですが、田舎暮らしできますか?

都内での生活と茅野市周辺野用な地方都市では
交通インフラが大きく異なります

東京の首都圏であれば、電車、地下鉄、バス、タクシーと
交通手段がいくつもあり電車やバスにしても、5分~10分間隔で、運転されています。



一方、地方都市は交通手段が乏しい。


電車は1時間に1本。
バスは一日6便とか、少ない場所であれば、1週間に1便とか。
またバスが走っている路線が国道とメイン道路程度。



なので、田舎では車の運転はできた方がいいです。


駅の周辺などはお店や飲食店が集中していますが、
都会と違って、一店舗の敷地が広い場合もあるので、
1件、1件巡っていたら、結果大変な距離にまります。

また、荷物を持って歩き回るのは大変ですね。



もちろん、車に乗れないと生活できない訳ではありません。

実際に、高齢になって、免許を返した高齢者の方も多いですし
免許のない方もいらっしゃいます。

また、インターネットでの生活用品の購入や、スーパーの宅配
生協の利用などで、日々の生活用品は、自宅に届くので対応が可能です。


ただ、生活の幅の広がり、地域との交流、利便性を考えると
車はあった方が良いとお伝えしています。


GO TOP