(お金)個別合併浄化槽設置エリアと言われました。下水に比べて、費用など何が違いますか?

日常生活に欠かせないこと、それは 水を得ること、水を排水すること。

水を得る手段としては、
・(公共)水道  ・(私営)水道  ・井戸

水の排水の手段としては
・(公共)下水道  ・(私営)下水道  ・個別合併浄化槽

に、大きく分類されます。

排水に関して言えば、
現在の建築の際には、下水接続 か 個別合併浄化槽の設置が義務づけられています。



田舎暮らしのあこがれ、里山生活では、
周りに家が少ないと、公共のインフラ設備が供給されにくく、
茅野市八ヶ岳エリアでも、上水道は来ているけれど、
下水道は接続できない場所が数多くあります。

そういったエリアでは、
下水道をすべての場所に引いていくことが難しいので
各家庭ごとに、小さな排水処理施設を持ち、
個別に処理する方式をとっています。



従って、自分の住みたい敷地の前に下水道が来てなかったら、
自分の敷地内に下水道を引いてくるか、
個別合併浄化槽を設置するか決めなくてはなりません。

個別合併浄化槽とは、バクテリアを使って雑排水を奇麗にするシステムです。

イメージ図はこちら (失敗しない田舎暮らし入門から)



5875695d.jpg


通常の家族利用の場合ですと、5人槽(大きさの単位)程度を使うようです。


〇個別合併浄化槽、利用に関して下水施設との違いは・・・

1、バクテリアで汚水を浄化しているため、そのバクテリアを生かすために、
 ブロアーを使って空気を送り続ける必要がある。
2、年に4回の点検が必要(バクテリアや汚泥のチェック)



〇費用
1.設置費用:100万~130万程度
 行政ごとに排水基準が違うため、価格がことなります。
 また、利用想定人数や業態(たとえばお店など)により、求められる浄化能力が変わるため、
 50人槽のような大きいものであると、500万位かかると思われます。

 設置に関しては、各市町村で、補助金を支給してくれます。




2.年4回の点検費用
 約数万円

3.用水路等に排水する場合は、排水費用がかかるケースもあります。


ちなみに、下水道の場合は・・・
〇(新築時に) 下水道受益者負担金の納付 (土地面積 ㎡×250円)
例) 700㎡(211.75坪) だと、175,000円の負担。

〇下水料金


下水接続できるエリアは、家がまとまっている場合が多いですし、
個別合併浄化槽を使わなければ、手に入らない環境があります。

個別合併浄化槽でも水洗トイレは使えますし,
普段の排水利用に関しては大きな違いはないように思います。




■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■


茅野市・原村・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報サイト


蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

スポンサーサイト

(土地・建物)土地を買う前に確認しておきたいこと!〜景観法編〜

土地を買って、家を建てる。

この当たり前と言えば、当たり前  

でも、人生に一度か二度しか経験しない一大事。


現地を見て、「明るくて日当たりもいい、こんなところいいなあ~」

「よし! ここに決めた!」 などと言って 即決する人はいないと思いますが

土地を購入する際のチェックポイント、景観法編です。

(その他、都市計画、道路、水道下水、警戒区区域か否か 
 などなどたくさんの考慮すべきポイントがありますよ)


茅野市は、景観法の適用行政団体です。

また、長野県の指定する 「八ヶ岳山麓景観育成重点地域に
指定されているエリアが多くなっています。


大自然に配慮した形で、街づくりがなされていくことは
長い目で考えた時には、そのエリアの将来像に大きく影響を与えるでしょう。

私個人の意見としては、いいことであると感じています。


さて、ここで 注意ポイント。

景観法では、エリアごとに建造物の色や形に規制を設けています。

簡単に言うと、あまり奇抜な色などは使えないということです。

下の写真が、茅野市の景観計画を説明した冊子です。

fed28b69.jpg


もし、これを読んでいる方が、派手な色を使った建物や白黒のモノトーンの
はっきりした建物を予定しているならば、土地を購入する前に
自分の考えている建物が建つかどうかを確認されることをお勧めします。

土地を買ってはみたものの、自分の考えている家が建たなかった・・・・

そんなことにならないようにお気を付けください。


本日は、土地購入前のチェックポイント (景観法編)でした。


            (株)蓼科企画  西村


■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

茅野市・原村・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報サイト


蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

(地域での生活) 地元の消防団の方から水掛け式の案内がとどきました。どうすればいいですか?

水掛け式とは、その年1年のうちで新しく建てられた住宅を対象に、
その家が火事にならないよう縁起をかついで
地元の消防団の方に水をかけてもらう儀式です。


新築をした施主が消防団にお願いするより、
消防団の方から水掛け式の案内のお便りが来る地区が多いようです。


水掛け式当日は、水が沢山かかるので、
窓を閉めて、濡れてほしくない物は室内にしまいましょう。

また、風に乗ってお隣の家も濡れてしまうので、
事前に挨拶しておきましょう.

水掛け式自体は10分程度で終了します.


消防団の方へのお礼は、施主の皆さんのお気持ちなので、
決まった金額や形式はありませんが
日本酒等のお酒をあげる方や、
「火伏」や「御礼 」と書いた祝儀袋を渡す方もいます。


いずれも強制的な行事ではないので、
断る方もいらっしゃいます。


水掛式は、無火災祈願の意味合いもさることながら、
消火栓の確認や、消火ホースの経路確認の意味もあるので、
もしもの事を考えると、 お願いしても良い事だとおもいます。


また、それをきっかけに地元の消防団の方と挨拶をして
つながりを持っておく事は、田舎暮らしをする上では有意義なことです。



詳しくはこちらの記事をご覧ください.


蓼科企画 朝比奈 
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。