(地域での生活) 移住先での仕事に関して 茅野市やその諏訪地域などどうですか?

若い世代の方で、

移住はしたいけれど、その先で仕事があるかどうかが心配・・・」

このような心配をされている方、大多数ではないかと思います。


先日に、移住されて子育てされている方にお話を聞きました。



西村の質問 「仕事の心配はなかったですか?」



移住者の男性のお話

もちろん、心配はありましたよ。 でも、それは埼玉に住んでいた時も同じ。

今は、リストラもあれば、転勤もある。会社の倒産だってあり得る時代。

諏訪盆地は、比較的 仕事が多い場所なのではないかと思います。

人口も周辺5市町村で21万人位いるわけですから、何らかの仕事はある。

ただ、やりたい仕事、就きたい仕事にこだわる場合には、田舎は向かない。

就きたい仕事が都会にしかなければ、仕事のために都会で生きる。

環境を重視する生き方を選ぶならば、どこでも生きていける。

私は、家族との暮らし、そして生きていく環境を選びました。


リアルな話ですね。 

仕事 か 家庭 か また その環境 か、 

どれを選べ! そんな生き方は あまりよくないですよね。

家族と仕事とのバランス、自分の生活したい場所、生きていきたい地域

そんな様々な関係のなかで、決めていくことが 移住 ということなのでしょう。

移住先や仕事などなど 簡単に決めれるものでもありません。

           (株)蓼科企画  西村
スポンサーサイト

(お金)法人で保養所などを所有すると、どんな税金がかかりますか?

法人名義で、本店所在地とは別の場所に、寮、保養所などを所有している場合、その保養所が所在する、県・市などに法人県民税・法人市民税を納税する義務が生じます。

その税額は事業所の資本金の規模や、従業員の数などによって金額が変わってきます。



法人県民税の場合(長野県)


●納める人
1. 県内に事務所(事業所)がある法人・・・均等割と法人税割り
2. 県内に事務所(事業所)はないが、寮、宿泊所がある法人・・均等割
3. 県内に事務所(事業所)や寮などがあり、収益事業を行う人格のない社団や財団・・・均等割と法人税割

●納める額(年額)

区分 均等割

① 次にあげる法人・・・21,000円
   ・公共法人および公益法人等(均等割を課すことができない法人を除く。)
   ・人格のない社団等
   ・一般社団法人及び一般財団法人
   ・資本金の額又は出資金の額がない法人(保険業法に規定する相互会社を除く。)
   ・資本金等の額が1千万円以下の法人(資本金等の額を有する法人)

② 資本金等の額が1千万円を超え1億円以下の法人・・・52,500円

③ 資本金等の額が1億円を超え10億円以下の法人・・・136,500円

④ 資本金等の額が10億円を超え50億円以下の法人・・・567,000円

⑤ 資本金等の額が50億円を超える法人・・・840,000円


区分 法人税割

① 資本金の額又は出資金額が1億円以下で、かつ、法人税額が1千万円以下の法人(清算法人を除く)・・・法人税額の5%
② 上記以外の法人・・・・法人税額の
5.8%



***

法人市民税、法人村民税等の内容はそれぞれの県市町村に確認ください。


ちなみに、茅野市の場合は 5万円~300万円となっております。


詳細は、茅野市ホームページで確認ください。

http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000000641000/index.html



朝比奈
GO TOP