(土地・建物)借地権の土地、メリットはありますか? 

蓼科エリアの不動産情報のなかに、
土地の権利形態欄によく「借地権」や「借地権(転借)」などという表記があります。

借地権とは、所有権と違って、借りて使う権利のことを言います。


一般的な話ですが、所有権と借地権の土地では、
借地権の土地のほうが、所有権のものに比べて、販売価格が安い場合が多いです。

考え方としても土地そのものを購入するのではなく、
土地を借り受ける権利を購入するからです。


しかし、借地料と土地の固定資産税を比べてると借地料が高くなっています。


簡単に概要を説明した時には、
所有権の方がいいと思う方もいらっしゃるはず。


しかし、借地権の土地にも大きなメリットがあります。

例えば、中古の別荘を買う場合。

建築されてから20年以上経過した中古物件などは、
あと15年から20年ほどで、建物の寿命が来るかもしれません。

そうなったときには、通常 建物の取り壊しをします。

また再建築をし、同じ土地に住み続けるなら、所有権の土地がいいでしょう。


でも、今ある建物を使いきって、もう新しい家を建てない。

そんな予定の方には、借地権がお勧めです。


なぜなら、借地権の土地ならば、建物を取り壊して、借地権の返還ができるからです。
(借地の期限等の問題がありますので、ご注意ください)


所有権の土地で、建物がなくなってしまって土地だけになってしまった。
そうなったら使い道がなくなってしまいます。

うまく次の方に譲渡できればいいですが、
別荘地の場合、次の購入者を見つけるのは、一般土地より困難です。

ずっと持ち続け、管理しなくてはなりません。



土地は所有権。と決めつけず、
借地権のメリットも検討してみてはいかがでしょうか?





■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

茅野市・原村・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報サイト


蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間


■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■
スポンサーサイト

(土地・建物)中古建物や中古別荘を購入した後のリフォーム代ってどの位かかりますか? 

中古の建物(中古別荘含む)を購入して、その後に どの位のリフォームが必要になるのか?
中古物件を検討されている人は、気になりますよね。

リフォーム代に関しては、その建物の大きさ、内容、その状態、購入者がどのレベルを求めているかで大きく変わりますので、物件ごとに見積もりするというのが基本です。

概要でお伝えすると・・・

新築建築後 20年ほど経過している場合、取り換えを提案する箇所をあげていきたいと思います。

1、屋根

2、外壁

3、水廻り設備

4、水道管、特に水道管を冬場に温める凍結防止ヒーター

5、給湯器

6、ストーブ関係

7、その他もろもろ


ひとつひとつあげていくと、ほんと数多くなってしまいます。

中古の場合には、売却者が途中どの程度 手を入れているか、
大切に使っていたかが重要です。


中古の建物(中古別荘)などを購入希望の方には、
リフォームや設備の取り換えなどが発生するだろうということをお伝えして、購入していただいております。

また、実際の売買に至る時、ほとんどの取引が、引き渡し後の保証が
ついていません。 (売主の瑕疵担保がつかない取引)

中古物件に関しては、建物や設備が古くなっていること、
設備等を取り換える必要が出てくることを加味して、物件価格が安くなっているということを承知して購入していただくようにアドバイスしております。


(株)蓼科企画  西村


■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

茅野市・原村・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報サイト

蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

(土地・建物)中古別荘を購入後の水廻り設備を選ぶ際の注意点があったら、アドバイスをいただけますか?

中古の別荘を購入された後、購入者のお客様が水廻り設備をリフォームされて新しくしたいという希望をお持ちの方が多くいらっしゃいます。

中古別荘の売買取引を担当させていただくと、半数のお客様が、何らかの設備交換をされます。

水廻り設備  キッチン、洗面、水栓、浴室、浴室シャワーヘッド、トイレ、トイレウォシュレットなどです。


その際にアドバイスしているのが、「あまり高価な設備をつけないこと」(別荘利用の場合で特に)

なぜかというと、別荘利用の場合には、秋から春までの間、不在時に水抜き作業が必要だからです。

そこで、なぜ あまり高価な設備をおすすめしていないかというと・・・

高価な設備だと、複雑な構造になっていて 水抜きがしづらい場合が多いのです。(もちろんしっかり水抜きできる商品もありますので、購入時にメーカーによく確認されることをお勧めします)

例えば、タンクレスのトイレ。 タンクレスということで、タンクがないので、便器とほぼ一体型。 これが水抜きできないのです。

また、水栓金具も、サーモスタットのついた高価なものになればなるほど、水抜きが難しい。

それと注意する設備としては、食器洗い乾燥機、これも水が機械の中に残ってしまうケースが多いです。

茅野市周辺 (蓼科・八ヶ岳・原村など)の別荘地では、真冬の一番寒い時期には、マイナス20度近くになることがあります。
それは、通常の利用とは違った意味で注意が必要なのです。

これが、普段人が住んでいれば、そこまで冷え込むことがないので、大丈夫なのですが・・・・。

ということで、「郷に入っては郷に従え」で、寒冷地に向いたやり方があります。

(株)蓼科企画では、別荘によく慣れた水道設備業者をご紹介しています。

(地元の業者といえど、別荘になれていない業者だと、高原の別荘仕様がわからない場合がありますので。)

水廻りのリフォームは、よく注意されてから実行してください。


(株)蓼科企画  西村

(土地・建物)一戸建てとマンション暮らし、田舎暮らしでの長所短所は何ですか?

田舎暮らしの生活を楽しむ場合、一戸建てとマンション、どちらがいいですか?
と、最初の入り口の相談をされることが多々あります。



通常、田舎暮らしとイメージするのは、自然豊かな場所での一戸建て生活が当てはまるように思われます。

それに対して、マンションでの生活を希望される方も多くいます。
家の外回りの対応や敷地内や建物の中に階段がないなど その利便性を求める方も多いのです。


一戸建て か マンション か?  
それは、私たちが答えを出せるものではなく、相談者のお客様が何を実現したいかであります。


広い敷地のなかで、自然豊かに、長野県の自然とともに共存していく!
庭で、家庭菜園を作ったり、草取りをしたり、虫が出てきたり・・・。
寒い冬には、雪かきもしなくてはならないでしょう。
でも、それが自然とともに生きる醍醐味です。

その一方、マンションの良さは、住む環境は快適な場所で暮らしながら
外に遊びに行く際などに、環境の良さを求める、そんな感じでしょうか。
庭の手入れや建物の修理などはなく、エレベーターの利用で、階段などの心配もない。

自分の管理地ではなく、公園やその周辺地域で自然の良さを求める、
そんな生活を希望されている方ならば、マンションもおすすめです。


相談を受けていて傾向としてあるのは、 
首都圏などでマンション暮らしを長くしてきた方は一戸建てを希望することが多く、
これまで一戸建て生活をされてきた方は、マンションも選択肢になるかなといったところでしょうか。


中には、田舎暮らしのスタートはマンションからで、徐々に自然と生活する良さにはまっていき、一戸建てに買い替える方も、結構な数 いるように思います。


どちらがいいか? それは、検討者様の実現したい夢に答えがあります。


(株)蓼科企画  西村


■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■

八ヶ岳・蓼科エリアの土地、建物、中古別荘は
蓼科企画の 不動産情報サイト

蓼科・茅野・諏訪エリアの 地域情報発信サイト
たてしなの時間

■■☆☆☆―――☆☆☆■■☆☆☆―――☆☆☆■■
GO TOP